世界から見た日本のここが駄目

日本人のモラルが何故低下したか、その理由と改善案を書いていくブログ。 また近年増え続けるトラブルについても書いていきたい

近年、日本では凶悪事件が増えてきた。

特に目立つのが未成年による凶悪事件。
「人を殺してみたかった」
普通に生きていれば考えつくことの無い考え方が生まれている。



また未成年が被害者となる犯罪も増えており、いわゆる不審者の増加に歯止めがきかない。
では何故このような国になってきてしまったのか、各章に分けて説明する

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

「日本人はどうやってモラルを学ぶの?」

これに答えられる日本人はいない。
仮に答えたにしても解答ではなく回答になる。
そう、日本にはモラルを学ぶ場が存在していないのだ。


では外国ではどのようにモラルを学ぶのかというと

「宗教を通じ考え方を学ぶ」

というのが外国での一般的な考え方だ。
考え方が統一されるといえばその通りだが、モラルというものに個人差は必要ないはず。

やれ、個性豊かな子供に~とか客観的に物事を判断する力を~などと親がよく言うが、それは親のエゴであり、世界のルールは決められている。その中で物事をしていくのだからルールを学ぶというのはこの世界を生きる為に必要なことである。それがルールでなくマナーやモラルだとしても同じ事。
日本はグローバル化しておりいくら英語が話せても常識が無ければその人材が使えることはなく名声を得ることも難しいだろう。



宗教というと怖いイメージがあるが、それはカルト宗教のことであり普通の宗教とは関係が無い。
日本は世界的に見てもカルト色が強い宗教が多くそのほとんどが一般的にはそこまでカルト宗教だとは思われていない。日本でカルトといえばオウム真理教位しか思い出す人はいないのではないだろうか。

宗教の信者は大半が良い人達だが、一部ニュースで見るような過激派が存在する宗教もある。
だが彼らは異端児であり、有名なイスラム教のISでさえ同じイスラム教の人達は嫌悪感を示す。あれは同じ宗教では無いと。

一部の人間が起こすことでその全てを悪とする文化は日本にはある。
学校の先生が教えてくれたことだが

「一人の生徒が事件を起こすことでその学校全体が不良生徒だと言われる」

これはその通りで、自分が行っていた学校は不良生徒が多いと言われていたが、荒れている様子は無く被害に遭ったこともない。つまり単なる噂話に過ぎなかったのだ。もちろん個人が起こした犯罪はあったようだがあくまで一人。
これと同じ事が宗教にも言え、たかだか一人が起こした事件がその団体全てが悪いと決めつける風潮が日本が宗教嫌いの国である所以だろう。

例えば、日本人が犯罪を犯したとする。そうすると

「日本は危険な国だ」

と言われるのと同じ事。どの国にも犯罪者はいるでしょ?日本は治安悪いですか?銃弾飛び交っていないし、マイアミみたいに死体が転がっているわけでもない。
このようなレッテルは不快なものといえる。だが同じ事を他にしているのとまた日本人の考え方なのです。




私に質問した外国人はとにかく驚いていたのを今でも覚えているし、個人的にもそういえば学ぶ場所ないよなとその件で思わされるようになった。

別に宗教を推奨しているわけではないが、考え方を学ぶのに適した場所ではあると思う。
そして、そのような考え方を子供のうちから学ばせるべきだと思っている。つまり学校教育でもっと踏み込んだ授業が必要だと私は考えている
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

愛媛県の松山刑務所大井造船作業場で起きた脱走事件、一週間強ほど経てど未だに見つかっていない。
立地上見つかるのは時間の問題で、山を捜査すれば見つかるだろうということでしたが・・。
警察は叱責されただけで拳銃で同僚殺害しちゃうようなスーパーゆとり君の事件に続きトラブル続きであります



塀の無い刑務所は日本に四ヶ所あり、塀の無い刑務所は世界的にも珍しく世界から学者がわざわざ見学しにくるくらいの施設です。
社会でのルールを破った犯罪者を罰するための施設なのに鉄格子がないなどセキュリティーが甘いのですから、そんな馬鹿な施設があるのかと世界から見に来るのは当たり前のこと。そもそもルールを守る人間は犯罪を犯さないでしょう。
軽犯罪などの軽い犯罪、模範囚のみの施設ということだが、日本は犯罪者に甘くそう簡単には牢屋に入れられることはありません。所謂初犯という印籠のようなものが効果抜群なわけです。ほとんどの犯罪者がその印籠を一度限り使うことが許されるでしょう

世界的に珍しく、クレイジーだが実験としては面白い施設だが、結果としてはあまり好ましいものではなく、多くの脱走者を生むことになっている。
今回の刑務所では20人程脱走しているとのことで、ただセキュリティーががばがばなだけの欠陥施設でしかありません。犯罪者が逃走する際に犯罪を重ねるケースが高く、今回もそう。
模範囚とはいえ脱走し逃走すればどうなるかわかっているはずなので命がけの行為でありそのような時に凶悪犯罪をする可能性というのはもの凄く高い(日本ではあまりないが)
やはりデメリットしかない施設といっていいでしょう




日本は平和だからこのような施設が許されるのかもしれないが、犯罪者を集めた施設でこのような馬鹿げたものは必要ない。
日本は法律も含め、あまりに時代遅れなザル法と今の時代に起きる犯罪に対する法律があまりにも少なく出来るペースも遅すぎる。

ストーカー規制法が出来たのが人が死んでからであり、今回の脱走事件もこれを受けてGPSで監視する案が出ている。なにか起きてからでないと事が動かないというのはいかがなものか。
特に今のところ犠牲者が出ていないが多くの犯罪行為が脱走中に起きており殺人事件が起きる可能性というのも否定できない。逃げているのはテレビ番組の逃走中のような普通の人間ではなく複数回犯罪を犯した人間。脱走しないような施設にするのが当たり前であるし、このような施設の存在意義自体理解出来ない


痛い目に遭わないと変われないのか日本?
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ